コトのタネ

kotonotane.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 26日

メガ恐竜展2017@大阪南港ATCホール

7/25から開催の"メガ恐竜展2017"に行ってきました。(~9/3まで)
今回の目玉は関西初となるトゥリアサウルス(ヨーロッパ最大の恐竜)の半身復元骨格です。
他にもどんなメガ(巨大)な恐竜骨格があるのかワクワクでした。
f0346746_20530875.jpg
娘さんは会場入口横のアトラクションコーナー(恐竜すべり台)が気になっていた様子ですが、
ZONEMAP↓を手にすると、今度はそちらに食いついていました。
f0346746_21044640.jpg
9つのゾーンに分かれていますが、区切られている感じはなく一面が見渡せ、いつでも見たいところへ行けました。
入口であるZONE01は、トリケラトプスやティラノサウルスという人気?有名どころ?の生体復元で、
分かりやすく心をつかんでくれました(´▽`)
f0346746_21313719.jpg
「竜脚類」がなぜこれほど大きくなれたのかという謎に迫っていくわけですが、
海のカミツキマッコウ(背景が青で海っぽい)、空の翼竜アンバングエラ(天井に吊るされている)
他の生態の環境などもあわせて解説されているので、飽きません。
f0346746_21534514.jpg
楽しませてもらえるといえば、動くロボット恐竜の展示があるパロサウルスとアパトサウルス親子。
なめらかな動きですが、閉じていた口が開き鳴き声も!!大きく迫力があるので小さい子は怖がっていました。
さすがに小学2年の我が娘は、喜んでおりました。母はどれだけ本来の動きに近いのかと考えていました。
f0346746_22055677.jpg
見渡すかぎり骨、骨、骨・・・新生代の巨大生物~現世のゾウ、大きくなれなかった竜脚類まで。
ひとつひとつ見たいのだけれど、ありすぎ(´Д`;)
同じフロアにあることで大きさの違いがはっきりと体感できます。
f0346746_23345717.jpg
最後のZONE9のトゥリアサルスは半身なのに、他の比ではありません。見上げるしかありません。
娘さんと全部を撮ろうとしたら、こーんなに離れなくてはならず、逆に大きさが伝わらない気もします。
見るだけでなく、実物の化石を「さわってみよう!」コーナーもたくさんありました。
f0346746_00245843.jpg
バーコードをかざして設置されたカメラで写真を撮るカメラシェアリングサービス”PaN”
会場に入らなくてもコンプリート(6箇所)できるなつやすみ恐竜スタンプラリー
(※景品は恐竜とは全く関係なく、期間中でも月曜日は開催していません)
今後もギャラリートークや化石レプリカ作り体験など、さらなるお楽しみもあります。


[PR]

by kotonotane | 2017-07-26 20:52 | イベントのこと | Comments(0)


<< 顔博@海遊館      ドラえもんとひみつ探しに出発だ... >>