コトのタネ

kotonotane.exblog.jp
ブログトップ
2016年 08月 01日

土のふしぎ体験教室2016(光るどろだんごづくり)

LIXILショールーム大阪にて、ジャパンホームシールド(地盤調査会社)さんによる、
「土のふしぎ体験教室」に参加してきました。
f0346746_08094991.jpg
まずは、簡単にジャパンホームシールドさんはどんな仕事をしているのか、土についての説明がありました。
その後すぐに、どろだんご作りに取り掛かります。
土から成形していくのかと思ったら、もうすでに”どろだんご”状態になってるタネを渡されます。
f0346746_08161827.jpg
重くて、固くて、土臭い・・・。これを金属の台のような器具にのせて、回転させて周囲の土を削っていきます。
娘さんは、力が弱くて全然削れてませんが、結構みんな、どっさり土の削りカスの山ができていました。
はじめから結構キレイな”球”なので、そんなに手を加えなくても大丈夫なようです。
f0346746_17364514.jpg
手のひらにアースカラーの絵の具(土が混ざっているらしい)をつけて、着色していきます。
塗るというより、すりつけるといった感じです。色は単色でもいいし、混ぜてもいいし、自由です。
しっとりした色だんごを、瓶の口で磨いていくと(ここも意外)、乾燥するにつれ光ってきました。
f0346746_17485816.jpg
まだ完成とは言えないようで、家に帰って2週間毎日コツコツ磨いてくださいとのこと。
出来上がった光るどろだんごには、名前をつけて、育てて下さいともおっしゃってました。
f0346746_17570670.jpg
スタンプラリー形式で、いろんな土の実物を見たり、自分の住んでいる地域の地盤について調べてもらえました。
(WEBでも見れます)さらにクリアファイルとメモ帳まで頂けました。
光るどろだんご全国大会というのもあるそうで、関西地区予選が8/30にLIXIL大阪で開催されます。
参加費は¥500、どろだんごの木製台座の特典があり、先着で小学生以上なら参加できるそうです(締切8/23)
f0346746_18062833.jpg
土から光る泥だんごを作るキットも、300円~1500円ほどで何種類か販売されているので、
今回の泥だんごと比較してみるためにも気になりますが、娘さん、作ったらあとは、ほったらかしです。(^_^;)



[PR]

by kotonotane | 2016-08-01 23:18 | イベントのこと | Comments(2)
Commented by han at 2016-08-05 12:50 x
夏休みもますます満喫されていますね!
楽しく拝見しています(^-^)
あべのサマーキャンパスの「光る泥団子つくり」に予約を入れています。娘の「泥団子」に対する食いつきがすごかったので(^-^;)いろんなキットも売っていますが作り方も違うのかな?それにしても全国大会とはすごいですね~奥が深いです。
Commented by kotonotane at 2016-08-05 23:33
> hanさん
こちらこそ、hanさんブログでたっぷり情報収集させてもらってます。
夏休み、行きたいイベントが重なりすぎて頭も体もフラフラです(~Q~;)
泥だんご、タネがないと1時間で砂から作り上げるのは難しいのでしょうかねぇ。
まだまだ磨かないといけないのにボーリング~とか言って転がして傷だらけ(´>ω<`)オソロシイ娘です。
あべのサマーキャンパス、予約不要のプログラムに行こうか、他にも行きたいところがあったり悩み中です。


<< 明治なるほどファクトリー(夏休...      住まいの絵本プロジェクト&お家... >>