コトのタネ

kotonotane.exblog.jp
ブログトップ
2018年 08月 09日

写真のしくみを学ぶ BOX CAMERA

ソニーストアのサマー・エデュテインメント(家族で遊ぶ・作る・学ぶ)のプログラム
”ボックスカメラ工作教室 写真の仕組みを学ぶ” を体験してきました。
f0346746_23500494.jpg
メーカーで作る工作物、さぞかし本格的だろうと思ったのですが、紙を折って両面テープで貼り付ける、
レンズとトレーシングペーパーをくっつけるだけの簡単なものでした。(もちろん写真は写りません)
f0346746_17255429.jpg
お絵描きをする時間もたっぷりあり、完成品をのぞいてピントを合わせています。←これが本日のメインテーマ。
娘さんには、上下が逆に見えております。→レンズの仕組みを学びます。
f0346746_17301748.jpg
まなびのポイントは、光の特性とレンズのしくみ。(ワークシートを完成させます)
①光はまっすぐに進む。
②光のくっせつを利用して、レンズを使うと光を集めることができる。
3年生の理科、2学期で習うであろう内容なので、この体験がリンクしてくれますように・・・。
f0346746_17553214.jpg
娘さんが製作中に母がお借りしていた一眼レフ、ミラーレスカメラ、アルファ6000を使い、
カメラがピントを合わせている瞬間のピピッ音を確認。完成作品も娘さんが撮影しました。
f0346746_18031526.jpg
もう少し突っ込んだ内容もほしかったのですが、娘さんには、これくらいがちょうどいいのかもしれません。
台紙の豪華な修了証を頂き、aibo(7代目?アイボ)と戯れて帰ってきました。
エクスペリア(ソニーのスマホ)ユーザーですが、こんな機会でもなければ訪れない場所です。


[PR]

# by kotonotane | 2018-08-09 23:49 | アート・工作のこと | Comments(0)
2018年 08月 07日

わくわく花火スクール ~おもちゃ花火の日って知ってる?~

8月7日=8(は)7(な)日(び)ということで、日本煙火協会が”おもちゃ花火の日”と制定したそうです。
誰でも手軽に楽しめる手持ち花火など「おもちゃ花火」の促進、マナー向上を図る目的だそう。
その企画のひとつとして、わくわく花火スクールが各地で開催されています。
f0346746_20484156.jpg
開始は18時、まだまだ明るい・・・。しかも我が家は前半に花火体験、後半に花火クイズのグループ。
警察官、消防士、防災訓練?かと思うようなメンバーが揃い、花火の前に子ども向けの防犯教室がありました。
f0346746_21330112.jpg

参加費¥200(保険料込み)で、この花火のボリュームです!
そして、一様に保護者から「日本製」「質がいい」「長持ち~」との声が上がります。
同じ花火を3種類ほどみんなでやってみて、あとは自由に好きな花火を楽しみました。
f0346746_21331201.jpg

気になっていた”たこおどり”、点火すると途中でパッと開いてタコのよう、終わった後はさらにタコの足。
花火クイズは〇×形式、「打ちあがる時の、ヒューの音は空気を切り裂いていく音である」とか、ちょっと難問も。
クイズの後には、水鉄砲やシャボン玉のおもちゃのプレゼントまでありました。至れり尽くせり(#^^#)
f0346746_21492395.jpg
辺りはすっかり暗くなり、最後にデモンストレーション花火(仕掛け花火)を拝見しました。
くるくる回る花火、ロケット花火、ナイアガラ風?花火、打ち上げ花火、バリエーション豊富で
長い時間楽しませて頂きました。何より、点火の瞬間から目の前で見れたことがうれしかった娘さんでした。
余った花火は、実家に持ち帰り、お盆の送り火の時にでもしようかしら。



[PR]

# by kotonotane | 2018-08-07 20:48 | イベントのこと | Comments(0)
2018年 08月 07日

NTTドリームキッズ ネットタウン◇2018

小学3年生~6年生対象の”NTTドリームキッズ”に参加してきました。
各回32名×17回開催、第3希望まで申し込め、比較的参加しやすかったのではないかと思います。
f0346746_00523494.jpg
すでに4チームに分けられていて、娘さんは赤色チームでした。グループごとに座っております。
映像(アニメ)にて、インターネットのしくみ、クラウドやIOTという用語も学びました。
グループごとに、4つのミッションへ出発します。(セットが大規模でワクワクします)
f0346746_11350967.jpg
おうちの中までつなげるぞ!Wi-Fi接続、配線工事体験↑
2人ペアになり、配管の中へ光ファイバーもどきのチューブを通していきます。(ゴールは4つのうち1つ)
その後、暗号をとくことでパスワードを導き出し、タブレットのWi-Fi設定をします。
f0346746_11351843.jpg
インターネットで調べよう!画像検索選手権↑
先ほどとは違う女の子とペアになり、お題「日本を紹介する画像」を検索し、早押しするゲームです。
娘さんがペアの子とどんな語らいをしていたのかが気になりますが、好成績をおさめていました。
f0346746_11420269.jpg
身近なIOT(モノインターネット)技術をバーチャル体験しよう↑
1人ずつVRゴーグルをつけて、田んぼにドローンで水まきする様子を見ているようです。
グループで協力しあい、アイテムにあるスイッチをONにして、最終的にドローンを飛ばすミッションです。
f0346746_15440145.jpg
アニメーションをつくろう!プログラミング体験↑
1人1台のパソコンで、文部科学省が開発したプログラミング作成のサイト『プログラミン』を使用。
すべてのミッションでパスポートにスタンプが押されます。(スタンプ好き娘には、たまらない♡)
最後に保護者含め全員でネットマナーに関する映像を見て終了。さすがNTTって感じのイベントでした。


[PR]

# by kotonotane | 2018-08-07 17:52 | イベントのこと | Comments(0)
2018年 08月 06日

おしごと体験@大阪タカシマヤ クランツ

今年のお仕事体験系で当選したのは、大阪タカシマヤフロアのお仕事クランツ(花屋)さんだけでした。
阪急阪神ゆめまち(HEPの観覧車で応募)、ハルカス近鉄×2、大阪ステーションシティ、ことごとく落選。
f0346746_16070429.jpg
タカシマヤでは、食品配布、インフォメーション、紳士服、アクセサリー、いろんなジャンルをこなしてきた娘さん、
初めて、”花”に携わるお仕事が出来てうれしいです。(母が?いや、娘さんも花は好きなはず)
f0346746_16272316.jpg
もうひとり、女の子と2名でのお仕事です。まずは、店内を案内して頂きました。
生花はもちろん、アレンジメント、ハーバリューム、ソープフラワー、など種類が豊富です。
簡単にディスプレイのお仕事をさせて頂きましたが、まあ、置いただけでした。(トップの写真)
f0346746_16394213.jpg
花の新聞紙をはずしてスタンバイOK。お客様からのご注文ということで、母のところへオーダーを取りに来ました。
母から祖母へのプレゼント、花の色は青色系で、ラッピングはオレンジでオーダーしました。
それに合わせて、メインの花(カーネーションしかなかったかも)、サブの花、を選んでおりました。
f0346746_16474395.jpg
カスミソウ、アイビー、ドラセナの葉3つを取り、その後プロの技?!折り曲げてホチキス止めです!!
みるみるうちに素敵なブーケが作られていきます。ペーパーを湿らせて、アルミを巻いて、ビニール止め。
包装紙も自分でカットして、リボンを結んで完成!すべての工程をさせて頂きました。
f0346746_21430688.jpg
お給料はいつもの、ダイニングメゾンで使える¥500券。記念品は、今回下敷きでした。
タカシマヤのお仕事体験、4年生になると参加できるお仕事が異なります。狙うは匠のお仕事です。
小学生の夏休みは6回、だけどチャンスってそんなにたくさんないのだと思う3回目の夏休み。


[PR]

# by kotonotane | 2018-08-06 16:06 | イベントのこと | Comments(0)
2018年 08月 05日

子ども科学フェスティバル(科学実験教室ともの作り)

子どもゆめ基金助成活動の30年度子ども科学フェスティバル
”科学実験教室ともの作り”が天王寺区民センターにて行われました。
科学体験もの作りコース(参加自由)のブースが27、事前予約の科学実験が6教室でした。
f0346746_22360570.jpg
ブース”自由電子はスゴイ!”では、実験前に、電気を通すものそうでないものを予想してから、自分でやってみます。
あらかじめ用意されている手作りセットに感動。とても効率がいい!
娘さんの予想が外れたのは、飴の包み紙と鉛筆の芯でした。でもなかなかイイ感してます。
f0346746_23485267.jpg
”磁石のふしぎとクルクル磁石人形”
材料も作り方も仕組みもいたって簡単なものですが、かわいくて楽しい。
おり染めは2枚作り、型をとって貼り合わせてうちわになります。これぞ日本のうちわって柄になりました。
f0346746_00110438.jpg
一番待ち時間が長かったのが、昔ながらの紙作り=古紙を使った紙すきです。ミキサーを使うと超簡単。
水に浮くか!私のアメンボ=表面張力の実験ですが、1円と出来上がったアメンボをそーっとのせる役。
カエルのお腹をたたくと、目が光る仕組みは、圧電効果と呼ぶらしいですが、
LEDを使うだけで、なんだか高度な工作をした気になってしまいます。
f0346746_23283305.jpg
他にも、ブンブンゴマを作ったり、つかめる水を作ったり、手品を教えてもらったり・・・etc
ブースとブースが隣り合わせなので、少々の待ち時間はあっても移動時間が少なくてすみます。
短時間でもたくさんのブースをまわり、多くを体験することができました。
あまり経験のない、電気系と触れ合えたのが大きな収穫でした。娘さんはどうだか分かりませんが・・・。

[PR]

# by kotonotane | 2018-08-05 21:23 | イベントのこと | Comments(0)